上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、生駒郡(安堵町・斑鳩町・三郷町・平群町)と北葛城郡(王寺町・河合町・上牧町)の7町合併について侃々諤々色々と議論の場がもたれました。
そして、平成16年に住民投票が実施され、合併反対となった訳ですが、我々の生活圏・商圏から考えて、近い将来この地域を担う世代として自覚する上でも、交流を持つことが大切であります。

この7町交流会は昨年から始まりましたが、是非今後も継続事業となるよう、しっかり基礎を創り上げていきましょう

昨年は、第1部に名刺交換会とグループワークを 第二部に懇親会を

今年は、もっとフランクに、
第1部に初心者大歓迎のショートコースにてゴルフ大会 第二部は懇親会

7人の部長が集まれば、どんなことでもできるでしょう

生駒郡(和氣部長、坂田部長、箸尾谷部長・井上)は県青連で『奈良ブロック
北葛城郡(川中部長、弓戸部長、田中部長)は県青連で『葛城ブロック
なので、ブロックを超えた交流を1年に1度は持ちましょう。

ちなみに、法隆寺JCでは、この7町をテリトリーとして活動しています。

私の所属する斑鳩町商工会青年部での活動は、
①斑鳩町商工会青年部事業
②生駒郡4町交流会
③生駒郡・北葛城郡7町交流会
④奈良県青連奈良ブロック事業
⑤奈良県青連事業

と、大きく5つございます。

交流をメインにする活動。学びをメインにする活動。色々ありますが、

4町や7町は、まさに交流がメインであり、生涯この地域で商売するを上での環境を整え、アドバンテージを得ることである。
そして、県青連は学びをメインに考えて行きたいと常々申しております。

多くの活動がどれも同じであれば、すべて参加する意味がない。

だから、商工会組織と他団体との違いを明確にすることも大切ですが、

商工会組織の中の活動においても、違いとメリットを明確に示しましょう
スポンサーサイト
コメント
御無沙汰しております。そして今年も宜しくお願い致します。
青年部員のメリット、確かに明確にすべしと思います。なぜならメリットを見出せない人が多いからですよね。
私も会長になるまでは、実は青年部活動と自身のメリットに疑問がありました。話しを聞いて、やっと分かりましたが、その伝達経路が途絶えてる事に問題があると分かりました。
私もブロック廻りをし、ゆっくり伝えております。

青年部員たるメリット、ホントたくさんありますよね。
お互い語り部として頑張りましょう!!
2010/01/19(Tue) 09:27 | URL | 岩手@高橋 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。