上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の震災において、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げるとともに、
我々のできることをいち早く行動に移し取り組みましょう。



上東部会長、今村運営委員長始め、部員交流部会運営委員会の皆様、本当にお疲れ様でした。
こころより感謝申し上げます。

IMG_1790_20110325154458.jpg IMG_1821_20110325154457.jpg IMG_1844_20110325154456.jpg IMG_1813_20110325154457.jpg

第1部は、テレビでお馴染み、流通ジャーナリスト金子哲雄氏の講演会
第2部は、グループワークです。
弊社の飯盛は王寺町商工会青年部に所属しており、前に出て発表をしておりました。
なかなか頼もしかったです^^

最後の総評では、経営革新取得の事業所紹介(大西部長:造園業)や、これからチャレンジの事業所紹介(保険代理店・豆腐屋さん)と、月刊商工会に対談で掲載されていた君岡鉄工(都祁)の紹介もさせて頂きました。

いつまでも継続できる事業所として、地域を守って参りましょう。

今日、奈良県庁の産業・雇用振興部商工課の課長補佐が、ご来店いただきました。
地域の商工業の調査のためです。

この震災で、なんの補償もなく、そのため収入も途絶えた地方の自営業者は、いつも、消防団やPTAなど地域の活動に積極的に協力しております。
小山君の例をいつも出します。

彼は、自分の子どもの出産のとき、まさに生まれる瞬間に、消火活動に出ていました。
病院にいた時に火事が起こり、現場に向かったそうです。

今、被災地でも青年部の仲間が炊き出しや復旧活動に積極的に取り組んでいます。

課長補佐にお願いしたことは・・・
我々の様な、日ごろ朝昼夜問わず、地域で商売しているものの数が減少すれば、いざって時に地域を守るものが減少するのと同じって考えています。特に、県外就業率が全国1位の奈良県では、まさにそれが言えるでしょう。

是非、行政と商工会と事業所と・・・しっかり連携し、事業所の数を減らさない施策を考えて、それを後押しし、そして実行する体制を望みます。

と伝えました。

ともに頑張って参りましょう。

東日本大震災復興関連情報まとめサイト
http://agilemedia.jp/311/
スポンサーサイト
コメント
井上ちゃん、毎度です。
地域で商売している人の数が減少すれば、地域を守るものが減少するって考え同感ですね。

いざって時に、子供達の逃げ込む商店が無い
のは悲しい事ですからね。
今出来る事を頑張っていきましょう。
来週宜しくね。
2011/03/28(Mon) 09:16 | URL | 大阪@綿本 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。