上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北地方太平洋沖地震の発生から5日・・・
お亡くなりになられた方々に対し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。また被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

歯がゆい思いをしている部員の皆様、何とか支援をしてあげたいと思いつつ、どうすればいいのか模索中に時間だけが過ぎて行きます。

各団体ですでに募金活動などを実施しております。

我々、奈良県下の商工会単位でも、温度差が様々です。

死者・行方不明者1万1000人を超えました。
皆さん、どんなことを想像しますか・・・
奈良にいる私たちにとって、それは単なる想像であり、想像の域を超えることができません。

放射性物質の大気中濃度に怯えつつ、日々過ごしている仲間が、寒さの中、何とか希望を捨てずに頑張っています。

会長になると、全国に出て行くと、一人ひとり東北地方や北関東の仲間の顔が浮かびます。
話した会話も思い出します。

山形の渡邊会長、岩手の高橋会長と、3月11日の臨時総会前に、平和な会話を交わしていました。
『あっという間の2年間、お互い頑張りましたね、この臨時総会がさいごだね、楽しみだね、来期もしっかり応援しようね、、、』

今は現実を見て、離れていてもできることを、実行しましょう。

県内の青年部関係者へ・・・

①義捐金集め、募金活動などを始めて下さい。
 ※親会と協力体制にある青年部は、そちらを優先して下さい。
  当然、期限・目標金額などございません。できるだけ早く始めて下さい。
  募金活動に際し、団体・身分を明らかにし、服装などにも十分注意して下さい。

②奈良県・各市町村のHPや、直接の問い合わせにより、物資の収集など始まっている自治体があれば協力して下さい。
 宮崎県では、毛布・タオルなどの収集を始めておりますが、家庭での洗濯ではダメです。クリーニングに出したものでないと受付が難しい場合もございますので、ご注意ください。
 献血なども必要に応じて協力して下さい。

義捐金については、公的機関か全国連を通じて被災地に届けられるよう手配します。

離れていても、全国の仲間と同じ思いで、この難局に立ち向かいましょう。
ご理解ご協力お願い申し上げます。

コメントいただいた黒戦隊さんへ
毎日、全国の各会長とメールや電話でやり取りをし、意思確認と手段を検討しております。
誰一人冷めることなく、必死で考えております。
各県青連独自の動きと、全青連の動きと、色々あり対応だ大変な場合もあるでしょうが、同じ思いの下、一致結束して取り組みましょう。

奈良県は、奈良県青連副会長・4人のブロック長に相談連絡し、そこから各部長に伝えてもらっています。
有事の際には、ブログを活用するより、直接電話や携帯メールを使用して、即効性・効率性を重視して取り組んで参りましょう。
仲間への思いは、全国50,000人共通ですね。
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます。
井上会長、ありがとうございます。

今、岩手、宮城、福島そして、関東の一部が大変な状況です。

回りの県も、停電や燃料確保、そして食料確保が難しいなか避難される方々の受け入れで、大変な状況です。

今出来る事、宮本会長が冷静に判断し、物資の搬入の準備等を行っています。

温度差は仕方がありません。
やれる方だけでも、協力し必要な場所へ確実に物資や義援金を送りたいと思います。
長期戦に成るような気がします。
今後も宜しくお願い致します。

また、みんなで集まる事が出来る事を楽しみに、
かんばりましょう!


がんばれぇーぃ!
2011/03/17(Thu) 13:56 | URL | 山形@渡邊 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。