上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青年部員、JC、同友会・・・所属団体関係なく有志による勉強会が開催されました。
半数以上が青年部員です。

そして、そこには事務局員が5名含まれていました。
県連 金田くん 都祁 上島くん 三宅町 植田くん 桜井市 岡村くん・槇くん
そして、桜井市商工会の太田局長(中小企業診断士)も

『まつり』をするだけの青年部なら、我々主導でもかまわないが、『経営ビジョンや制度利用』など、企業側にたっての勉強会などは、事務局と一体となり、さらに協力体制を整え、効果を出さねばなりません。

今、奈良県内の事務局で、会員のため、やる気になっている若い事務局員・経営指導員が増えてきています。不況の中、商工会に就職し、そこで成果を出すこととは、まさに会員企業に喜んでもらうことであります。そして、我々は成長しなければならない。

この勉強会を通して、彼らと同じテーブルで参加できたことに、心から感謝申し上げます。

20100528193504.jpg

内容は、ドラッカーの『プロフェッショナルの条件』から抜粋です。

資料の中から、一部紹介いたしましょう

①よい仕事をすれば、昇給させることにしている。しかし昇進させるのは、自分の仕事のスケールを大きく変えた者だけだ。

②決定したことを完全に理解しなければ行動できない人は、戦場のような仕事には向かない。

③成長するということは、能力を修得するだけでなく、人間として大きくなることである。

④『燃え尽きた』とは、たいていの場合、飽きたというだけのことである。

⑤成果をあげるかどうかは、いくつかの習慣的な姿勢と、いくつかの基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。

⑥成長のプロセスを維持するための三つの強力な手法は、教えること(仲間に教える)・移ること(別の組織で働く)・現場に出ること

などなど

20100528193537.jpg 20100528203140.jpg

参加者は15名程度と少なかったが、これからさらに盛り上がればいいですね!

桜井市商工会青年部OBの土井さん、現役青年部員の堀山くん、商工会青年部・同友会青年部で一緒の澤田くん、同友会青年部で顔を合わす、阿部さんや、橿原JCの辻本くんなど、皆さんとともに学んだことは本当に為に成り、楽しかったです。

事務局が、ドラッカーの本も紹介

20100528204710.jpg

グループワークは、

『あなたは何によって憶えられたいか?』をテーマに進められました。まだ今の我々には答えを出すことに苦労します。
大きく2つに分かれました。

①仕事で
②人間性で

私は、20代30代の今、ボランティア、遊び、学び、家族、趣味・・・色々経験して人間力を身につけるべきだと思っています。そして、阿部さんは、独自性・自分らしさ・こだわりを今模索中であると。いつかそれらを身に付けて憶えられたいと・・・

20100528205809.jpg

最後は太田局長から、ピリッとスパイスの効いた激励で、締めとなりました。
あっと言う間の1時間30分。2夜連続の桜井市商工会館(金田くん・澤田くんもね
楽しかったです。
桜井市商工会事務局の皆さん、そして参加した青年経済人である同志。
ありがとうございました。お疲れ様でした
スポンサーサイト
コメント
経営の神様P.Fドラッカー。

思い悩んだ時や、カベを感じる時、彼の言葉の数々は本当に勇気と元気をくれる気がします。

相変わらず前向きに取組んでいる姿勢に、嬉しい刺激をもらってます!

わしもがんばろ~っと!
2010/05/31(Mon) 18:37 | URL | 福井@村松 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。